イメージ写真
※写真はイメージです(Getty Images)

 キリスト教の迫害が続いていた3世紀、ローマ帝国領シチリア州の総督クィンティアヌスは、キリスト教を信仰する貴族の娘のアガタに求愛したが、受け入れられなかったため、さまざまな拷問を行った。どんな拷問にも屈さず殉教したアガタは、聖女として名を馳せた。時を超えてアガタの霊に母の病気を治してもらったルキアは、また強い信仰心で奇跡を起こし聖女となった。清涼院流水氏の新著『どろどろの聖人伝』(朝日新書)では、周囲のどろどろした愛憎劇に巻き込まれ、聖性を際立たせた聖人たちが紹介されている。同著から一部を抜粋、再編集し、時を超えて共鳴した二人の聖女を紹介する。

【写真】NHKドラマ「聖女」の主演女優はこちら

*  *  * 

 皇帝デキウスによる迫害が続いていた3世紀、ローマ帝国領シチリア州(シチリア島)の総督クィンティアヌスは、カタニア市の貴族の美しい娘アガタに恋し、彼女を自分のものにしたいと願い、求愛しました。ところがアガタが応じなかったので、クィンティアヌスは彼女を娼館に閉じ込めます。娼婦たちによってアガタを堕落させることがねらいでしたが、聖女のイエス・キリストへの信仰は、まったく揺らぎませんでした。

 クィンティアヌスは兵士にアガタを殴らせ、拷問を加えましたが、聖女が屈しないので、ついに彼女の乳房を斬り落とさせます。それでもアガタは動じませんでした。

著者プロフィールを見る
清涼院流水

清涼院流水

清涼院流水(せいりょういん・りゅうすい) 1974年、兵庫県生まれ。作家。英訳者。「The BBB(作家の英語圏進出プロジェクト)」編集長。京都大学在学中、『コズミック』(講談社)で第2回メフィスト賞を受賞。以後、著作多数。TOEICテストで満点を5回獲得。2020年7月20日に受洗し、カトリック信徒となる。近著に『どろどろの聖書』『どろどろのキリスト教』(ともに朝日新書)など。

清涼院流水の記事一覧はこちら
次のページ
刑の執行の瞬間大地震で町は倒壊