※写真はイメージです(Getty Images)
この記事の写真をすべて見る

 親は、自分の遺伝子を受け継いだ子の幸福を願い、自分にできる最良のことをしてあげたいと思う。子どものために親が与えられるものには、もちろん衣食住という基本的なものがまず挙げられる。行動遺伝学の第一人者・安藤寿康氏は、新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)の中で、人間が生きるために必要不可欠なものとして、もう一つ「教育」をあげた。その内容を、同著から一部を抜粋、再編集し、紹介する。

【図】遺伝と環境が子どもに与える影響はこちら

*  *  *

 親が子どもに幸福のために与えるものが「教育」だというと、学校に行かせることとか、塾やおけいこごとに通わせることだと考える方がいるかもしれません。しかしここで私が言おうとしている親が行う教育とは、学校にかかわることよりももっと広いものを考えています。そもそも教育の科学的定義は「独力で学ぶこともできない知識やスキルを他者が学ぶのを、わざわざ手助けしてあげること」というもので、ヒト以外にはそれを行っている種はほとんどいない、ヒト特有の行動なのです。それというのも、ヒトは教育がなければ生きていけない動物だからです。

 その中にはもちろん学校教育も含まれます。しかし学校が教えてくれないたくさんのことがあります。基本的な衣食住の「衣」にしても、ただ服を買って与えておけばよいのではなく、パジャマの着方、脱ぎ方、靴に右と左があることなど、鳥が誰からも教わることなく空を飛んだりクモが巣をつくれるように、遺伝的に本能で知っているわけではありません。直立二足歩行や母国語など、意図的に教えなくとも子どもが自ら獲得できる能力もありますし、ものによっては他人がやっているのを、見様見真似で独力で学べる勘の良い子もいたりはしますが、ヒトが文化を通じて生み出して使っている知識のほとんどは、一つひとつを教えてあげねばなりません。私たちは一人前になるまでにどれだけ多くの知識やスキルを身につけねばならないのでしょう。これらの多くは家庭あるいは家庭のようなところで、親または親のような役割を果たしてくれる人から教わります(「家庭のような」「親のような」と言ったのは、なんらかの事情で実親ではない大人に育てられたり、児童養護施設などで生きる子どもたちもたくさんいるからです。ただこれ以降はそれらをすべて「家庭」「親」とまとめて呼ぶことにします)。

暮らしとモノ班 for promotion
【24日23時59分終了!】Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!
次のページ
映画『万引き家族』で語られた「教育」