軍歌にはけっこういい歌がある。『雪の進軍』とか『愛馬進軍歌』とか、たまに口ずさんでいることもある。困難に直面すると「すぎのーはいずこーすぎのーはいずやー」などと歌うこともある。 この本は「軍歌紹介本」ではなくて、どのような過程で日本の軍歌が成立していったかが眼目だ。 まず、明治時代の初期の軍歌は、西洋音楽を学んだ作曲家、東京帝大総長になるような文学者による作詞、今で言えば……といっても思い…

続きを読む