世界平和連合のホームページ。旧統一教会関連の政治団体「国際勝共連合」へのリンクがある
世界平和連合のホームページ。旧統一教会関連の政治団体「国際勝共連合」へのリンクがある
この記事の写真をすべて見る

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党との関係や選挙支援などが指摘されているなか、旧統一教会の友好団体と自民党の国会議員による「日本・世界平和議員連合懇談会」の総会が今年6月、議員会館内で開かれ、7月10日投開票の参院選の応援などについて話していたことがわかった。

参院選で世界平和連合の応援を希望する議員は記入するようにと書かれたアンケート用紙

 AERAdot.が入手した当日の式次第や役員案などの総会資料と出席者の証言によると、総会は6月13日に衆院第1議員会館の国際会議室で開かれた。司会は同懇談会事務局長の宮島喜文前参院議員が務め、挨拶には会長代行の奥野信亮衆院議員、役員選出などの議事を幹事長の御法川信英衆院議員が務めている。

 そして、「報告」では、「世界の議員連合の状況」と題し、顧問の梶栗正義氏が講演したという。梶栗氏は、旧統一教会関連の政治団体「国際勝共連合」の会長で、同じ関連団体のUPF-Japan議長でもある。

 講演の際に配られた、これも旧統一教会の関連団体、平和政策研究所(IPP)が発行する「政策情報レポート」も入手した。

“太平洋新文明圏時代の到来と戦略的朝鮮半島政策確立への提言”と題し、日米韓の連携強化や日韓姉妹都市交流の推進、旧統一教会が以前から提唱している「日韓トンネルの早期具体化」などについて、A4判に7ページでまとめている。

 議事では、役員の選任もあった。資料の役員案では顧問に、前出の梶栗氏のほか、大野功統元防衛庁長官や原田義昭元環境相、三原朝彦元防衛政務次官らの名前がある。

 会長代行と幹事長は前述のとおり、それぞれ奥野氏と御法川氏。副会長は逢沢一郎衆院議員となっていた。

 幹事にも、平井卓也前デジタル担当相ら21人の衆参自民党議員が並び、事務局は、前出の宮島議員と、事務局次長に鳩山二郎衆院議員。資料に書かれていた議員はすべて自民党だった。

 式次第の「懇談」の項目には、「参議院議員選挙について (アンケートに記入)」とある。総会資料の最後のページはアンケート用紙になっており、今後の議連の活動に対する意見などを尋ねる項目と、もう一つに、

著者プロフィールを見る
今西憲之

今西憲之

大阪府生まれのジャーナリスト。大阪を拠点に週刊誌や月刊誌の取材を手がける。「週刊朝日」記者歴は30年以上。政治、社会などを中心にジャンルを問わず広くニュースを発信する。

今西憲之の記事一覧はこちら
著者プロフィールを見る
吉崎洋夫

吉崎洋夫

1984年生まれ、東京都出身。早稲田大学院社会科学研究科修士課程修了。シンクタンク系のNPO法人を経て『週刊朝日』編集部に。2021年から『AERA dot.』記者として、政治・政策を中心に経済分野、事件・事故、自然災害など幅広いジャンルを取材している。

吉崎洋夫の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ
議員が発言「しっかり応援してくれる」