メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

15日の西日本・東海エリアは、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。崖や川の近くなど危険な場所にはむやみに近づかないようにしてください。

台風過ぎても注意・警戒を

画像A
画像A

台風15号は、このあと対馬近海を進み、夜には朝鮮半島付近で熱帯低気圧に変わるでしょう。台風が過ぎたあとも、西日本や東海エリアには南から湿った空気の流れ込みが続くため、大気の不安定な状態が続く見込みです。西日本の南向き斜面を中心に雨が続き、雷を伴って非常に激しい雨の降る所があるでしょう。総雨量が多くなる見込みです。午後は、平野部でも、局地的に激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりするでしょう。土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意・警戒をしてください。沿岸部では、引き続きウネリを伴った高波や高潮にも注意が必要です。また、九州南部の風は、次第におさまりますが、九州北部では、しばらく強い風が吹くでしょう。
あす16日も、台風から変わった熱帯低気圧が山陰沖へ進み、日本海から前線が南下するため、広い範囲で雨が降り、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。

湿度が高く 蒸し暑い

きょう15日は、最高気温が35度に届かない所が多いですが、湿度が高く、蒸し暑くなるでしょう。風の通らない場所では、不快な暑さになりそうです。避難所などの屋内でも、油断せず熱中症への対策をしてください。

暮らしとモノ班 for promotion
いよいよ「Amazonプライムデー」開始!おすすめ商品やセールで得するために知っておきたいこと一挙紹介