発達した低気圧の影響で北海道では東部を中心に風の強い状態が続いています。ピークは越えましたが、3日の明け方にかけて局地的な猛ふぶきに警戒が必要です。3日は冬型が緩みますが、北海道東部では日中もまだ強風にご注意ください。

2日22時の衛星画像
2日22時の衛星画像

2日も北海道では風の強い状態が続き、東部では何かにつかまっていないと立っていられないくらいの非常に強い風が吹いた所もありました。また、根室地方の羅臼(ラウス)では正午の積雪の深さが179センチに達し、2005年の統計開始以来、最も多くの雪が積もりました。
3日は夜にかけて冬型の気圧配置は緩み、北海道から北陸、山陰にかけての雪もやむ所が多くなる見込みです。北海道も風がだんだんと弱まりますが、東部では日中もまだ等圧線の間隔が狭く、強風に注意が必要です。ただ、2日のような暴風になることはなさそうです。

3日午前9時の予想天気図
3日午前9時の予想天気図

3日の朝は北海道で冷え込みが強まります。釧路では2日の朝より5度くらい低くなる見込みで、旭川では7度くらい低くなるでしょう。そのほかの各地は0度くらいまで下がる所が多い見込みです。朝は震える寒さです。暖かくしてお出かけください。日中の最高気温は、北海道は平年より低めで、一日0度未満の真冬日になる所が多いでしょう。東北から九州はこの時期らしい寒さですが、風が収まるぶん、晴れる所は日差しの暖かさにホッとできそうです。

3日の天気マークと予想気温
3日の天気マークと予想気温