海外メディアも注目する雅子さま。最近は明るく晴れやかな笑顔が印象的  (c)朝日新聞社
海外メディアも注目する雅子さま。最近は明るく晴れやかな笑顔が印象的  (c)朝日新聞社
この記事の写真をすべて見る
ドイツの公共放送ARDドイツテレビのリポーター、カタリーナ・チュルチェンターラーさん(右、撮影/上田耕司)
ドイツの公共放送ARDドイツテレビのリポーター、カタリーナ・チュルチェンターラーさん(右、撮影/上田耕司)

 国内外の注目が集まる即位の礼。海外メディアはどう報じるのだろうか。

【ドイツの公共放送ARDドイツテレビのリポーター、カタリーナ・チュルチェンターラーさんはこちら】

「関心は雅子さまに集中という感じです」

 と語るのは、20年以上にわたりヨーロッパの王室を取材するジャーナリストの多賀幹子さん。

「イギリスでは『雅子さまはスパーブ(superb)』と報じられたことも。非常に優秀という最上級のほめ言葉ですね。雅子さまは体調を崩されたが、不死鳥のようによみがえられたと海外メディアは注目している。再デビューに期待していますね」

 米国でも、ニューヨーク・タイムズがトランプ大統領夫妻の来日後、「雅子さまはスター」と報じた。来日したドイツの公共放送ARDドイツテレビのリポーター、カタリーナ・チュルチェンターラーさんはこう言う。

「雅子皇后はハーバード大学を卒業し、外務省で働いて、オックスフォード大学に留学され、皇室に入った。環境が変わった心労や、お世継ぎを期待された重圧もあったのでは。西洋から見ると、なぜ女性は天皇になれないのかと、自然に疑問が湧いてきます」

「即位礼正殿の儀」には、ドイツからシュタインマイヤー大統領が参列する予定。

「ドイツにはかつて王室があった。でも、国民は誰か一人を国王として崇拝するのをやめ、アイデンティティーの確立に違う方法を選んだ。日本の国民は天皇をどう思っているのか。変化はあるのか、関心があります」(カタリーナさん)

 英国の参列者はチャールズ皇太子。

「チャールズ皇太子は次の国王だから格が釣り合う。でも、過去に来日していますから私としては、ウィリアム王子とキャサリン妃に来ていただきたかったというのが本音です」(多賀さん)

 オランダからはウィレム・アレキサンダー国王とマキシマ王妃が来日予定。雅子さまとオランダ王室とは親しい間柄だ。

著者プロフィールを見る
上田耕司

上田耕司

福井県出身。大学を卒業後、ファッション業界で記者デビュー。20代後半から大手出版社の雑誌に転身。学年誌から週刊誌、飲食・旅行に至るまで幅広い分野の編集部を経験。その後、いくつかの出版社勤務を経て、現職。

上田耕司の記事一覧はこちら
次のページ