2階を「減築」で平屋暮らしも “終のすみか”用リフォーム増加中

週刊朝日
 人生100年時代は確実にやってくる。気になるのは「終のすみか」。暮らしやすい老後の居住空間を求め、50代や60代を中心に自宅を“変身”させるリノベーションを考える動きが広がっている。残りの人生を快適に過ごすために、理想の「家」の設計図を描いてみよう。

【失敗しない施工業者選びとは?】

 人は年を重ね、やがて衰えていく。老いを視野に入れたときに、いくつか頭の中に浮かぶのだが、その一つが、「終(つい)のすみか」だという。

 内閣府が発表する高齢社会白書(2015年版)によると、60歳以上が回答した「身体が虚弱化したときに望む居住形態」の調査で、7割近くが「自宅に留まりたい」と回答している。老人ホームでもなく、病院でもなく、「最期は自宅で」と考える人が多いのだ。

 しかし、17年版の白書では、こんな調査結果が出ている。

 65歳以上の高齢者による事故は8割近くが住宅内であり、そのうちの45%が居室での事故──。

 20歳以上65歳未満と比較すると、その割合は10ポイント近く開きがあり、加齢とともにそのトラブルを意識した生活を送ることになる。

 アクティブシニアと言われる60代でも前述のように生活に支障が出てくるのだから、75歳にもなると、一人でこなせないことが増え、より小さな生活単位になっていく。転倒でもしたら寝たきりになってしまうこともままある。85歳を過ぎると認知症も増える傾向にあり、食事や排泄(はいせつ)、入浴までもがしんどくなる。

 いま、50代から60代を中心に、自宅を改築したり改装したりする「リノベーション」を検討する人たちが増えている。体が動くうちに、住環境をがらりと変えてしまうという発想だ。

 リノベーションやリフォームの基礎知識や実例を紹介する「SUUMOリフォーム」編集長の福澤佳恵さんは言う。

「住環境を変えた方々にお話を聞くと、『もっと早くやっておけばよかった』という意見が多いです。快適に過ごせる期間を長くしたい、という思いの表れではないでしょうか。老後に備え、50~60代のうちにバリアフリーのリフォームなどをやってしまおうという方が増えています」

 リノベーションやリフォームを希望するのは、50代から70代が8割を占めるという。「自宅を変える」決断は、思った以上に“気力”がいる。高齢になるほど、それが萎(な)えてしまい、おっくうになるようだ。また、老後の生活費も気になるところ。だから「まだ現金収入があるうちに」「退職金などで手元に現金があるこの機会に」といった気持ちが働くようだ。

 定年間際であれば、残りの働く期間を考えると、長期のローンを組むことは厳しいと感じる人も多いだろう。「50代以上の92.2%が借り入れをしないというデータもあって、キャッシュで支払う傾向がありますね」(福澤さん)

 リクルート住まいカンパニーによる16年のリフォーム実施者調査で、50代以上でリノベーションやリフォームにかかった費用は、平均624.8万円。当初計画する予算の平均は503.2万円だという。

「予算をオーバーすることは多いですね。大きな金額を支出するわけですし、『これが住宅にかける最後の費用』だと思えば、この機会に漏れのないように変更しようと考える方が多いようです」(同)

 ちなみに、実施者がかける費用の平均の自己資金は550.5万円で、自己資金を入れていないのはわずか3.5%だ。

 経済状況が先立つとはいえ、「経済合理性で語る人は少ない」と福澤さんは言う。子どもが独立して家を出ることで空き部屋が増えている。「夫婦にとって住みよい家にしたい」「戸建ての家を子どもに譲り、近くの中古マンションを買ってリフォームして移り住もう」「老人ホームも団塊の世代がすべて入れるほどの余裕はないのでは」などなど、動機はさまざまだが、共通しているのは、余生を満喫し、楽しめる暮らしを演出する前向きな姿勢だ。

「シニアの方はちょっとした不便でも、我慢する傾向にあります。立ち止まって自身の生活を見つめ直してみてほしいです。たとえば、リビングを1階に移したほうが動線がスムーズになることもありますし、寝室とトイレの位置は近くしたほうが便利になります。これまで当たり前だと思っていた廊下が“無駄な空間”になっていたら、その廊下をLDKに取り込むことで、部屋はずいぶんと広くなります」(同)

 では、リノベーションの事例をみてみよう。

 1996年からスタートし、業界の先駆け的存在である住友不動産の「新築そっくりさん」。阪神・淡路大震災をきっかけに、築年数が経過した住宅の耐震性を見直す動きが出ていた中、「地震に強く、安価で、建て替えずに再生」を目指し、“一棟丸ごと再生”のシステムを生み出した。98年にはマンションの丸ごと再生にも進出し、年間7千~8千件の工事を手がけている。解説するのは、新築そっくりさん事業本部戸建第一・第二事業所長の中野誠さん。

■ケース1
 埼玉県行田市の築42年の木造2階建て住宅は、2階部分を「減築」し、6DKの間取りが3LDKに減った。かつて竜巻の被害に見舞われた60代夫婦は、「古い家では、いずれ近隣にも迷惑をかけるかもしれない」と不安視し、リノベーションを決意。2階に上がるのもしんどくなったことから、バリアフリーの平屋建てへの“変身”を希望した。階段のスペースは大容量の収納棚へと変貌(へんぼう)を遂げ、2階がなくなったことで、掃除の手間が省け、防犯の面でも心配が減った。また、風邪を引くからと孫たちに敬遠された風呂なども断熱施工で改善し、孫たちが「暖かい空間」を喜ぶようになったほか、滑りにくい床材にしたことで夫婦の転倒防止になることはもちろん、ペットの老犬も、関節への負担が軽減したという。

■ケース2
 福島県に住んでいた60代夫婦は、東京都品川区の実家に滞在中に東日本大震災が発生し、自宅が避難区域内だったこともあり、実家で暮らすようになった。ところが築45年の和室中心の間取りは、足腰が悪い妻には低い椅子に座っての生活が苦痛となり、風呂や洗面所など「水回り」が離れていて使い勝手が悪かったことなどを理由に改修に踏み切った。和室はすべて洋室にし、洗面台や浴室をまとめて脱衣所を設け、トイレも広くしたことで、効率的な「水回り」の動線ができた。寝室のある2階にトイレと洗面台を設置したことで、就寝中に1階に下りることもなくなった。また、収納スペースが増え、面積の小さい都心の狭小住宅のデメリットを解消した。

■ケース3
 東京都大田区のマンションに住む70代夫婦は、子ども2人が独立し、細かく仕切られた4LDKの間取りを2LDKに。LDに隣接した和室を取り込んだ広々としたリビング、さらにオープンキッチンにしたことでゲストをゆっくりともてなす時間を楽しんでいる。

(本誌・秦正理、前田伸也)

※週刊朝日 2017年12月15日号
サイトで見る
Outbrain