まるでギャグ漫画! 伊藤理佐が吉田戦車に放った“戦略的”口説き文句

週刊朝日

吉田戦車(右)、伊藤理佐夫妻(撮影/写真部・小原雄輝)

 人気ギャグ漫画家の夫・吉田戦車と妻・伊藤理佐が、バツイチ同士で再婚したのは10年ほど前。それまでは飲み友だちで、互いの元パートナーも知る仲だった。結婚を決めた理由も、やはり面白いかどうかがポイントだったよう。2人の馴れ初めに迫る。

*  *  *
妻:20歳前から吉田さんとは知り合いで、23歳で結婚したときは披露宴でスピーチしてもらったよね。

夫:何を話したか、全然覚えてないけど。あのころは、漫画家仲間との集まりが多くて、ときどき一緒に飲んでた。

妻:吉田さんから家族の年賀状をもらったりして、20年ぐらいは友だち付き合いが続いてたかな。最初の結婚はいつだったっけ?

夫:26歳ごろ。

妻:奥さんも子どももいたから、当時はもちろん恋愛感情ゼロでした。

夫:しかも、伊藤が結婚してから自分が離婚するまで、15年ぐらいはほとんど会ってない。

――友人から恋人へきっかけは空揚げ。

妻:出版パーティーでたまに見かけて、「なんて太ったの!」とか「なんて普段着なの!」って話しかけたことはあったけど。久しぶりにちゃんと会ったのは、二ノ宮知子さんの『のだめカンタービレ』が講談社漫画賞をとったときのパーティー。席が隣になって空揚げを食べたんだよね。そしたら吉田さんが、「なあ理佐、肉ってうめえなぁ」って言ったんです。「元気?」とか「仕事どう?」とかじゃなくて。それがすごく良くて「格好いい!」って大騒ぎしたら、周りからもはやし立てられて。

夫:多分、しゃべることがなかったんだよ。

妻:その後、ミクシィでやりとりするようになってから、私はもう付き合う気満々でした(笑)。

夫:それで、「一緒にメシでも食うか」と。でもまだタイミングじゃなかった。

妻:結局、付き合い始めたのは、空揚げから2年ぐらいたったころかな。

夫:僕は根が暗いし、一人暮らしになって精神状態も荒れていたから、伊藤の明るい性格に救われたところはあります。


妻:私はそんなに落ち込んでるって知らなかった。吉田さんはもともとあんまりしゃべらないタイプで、何考えてるかわからないところあるから。

夫:ただ、付き合い始めても、いつダメになるかわからないから、半年ぐらいは極秘にしていましたね。

――妻の明るさで人生の重荷が減った。

妻:お互いの離婚のことは、あまり話さなかったよね。

夫:原因が複雑で、ひと言では説明できないとわかっていたから。元結婚相手の悪口を言うこともお互いなかったし。ただ助けられたことはいろいろありました。例えば、山梨に買った別荘が、荒れ放題になっていて気が重かったんですけど、そこを売却する算段をしてくれたり、伊藤の実家が近くてご両親が車を出してくれて、片付けを手伝ってもらったり。

妻:私は単に、そんなに別荘が重荷だったら売ればいいじゃんって。

夫:そこはやっぱり他人だから、僕の過去の問題はバサバサと切り捨てる(笑)。そういう思い切りのいいところはあるよね。人生の重荷みたいなものが、伊藤と一緒になってガサッと減りました。

――付き合い始めのころに、妻は「一緒になったほうが有利だと思う」と夫に迫ったという。そこから結婚に踏み切った背景には、お互いの育った環境が似ていたこともあった。

妻:一緒になったら面白いと思ったから。「同業者のブスと結婚したほうが絶対ウケるし、株があがるよ!」と、必死で説得しました。

夫:ずいぶん戦略的だなと思いましたね。

妻:それに当時私は37歳で、子どもを産みたいと思っていたので、相手が吉田さんだったら楽しそう!と鼻息フンフン言わせてた(笑)。多分、それは吉田さんも感じ取っていて、しょうがねえなぁと。別れるか、結婚するつもりで付き合うか、どちらか選ぶとしたら面白いほう、みたいな感じだったんじゃないかと。

夫:まあ、そうかもね。独身のまま、女性と付き合ったり別れたりするのも面倒くさくて、そろそろ身を固めるのも大事かなと。

妻:ただ一つ不安があった。それまで独身女の不幸せをウリにして仕事をしていたから、結婚したら仕事がなくなるかもと思ったんです。でも、吉田さんが「結婚しても幸せになれるとは限らないから」と(笑)。

夫:年齢的にバラ色の人生なんて考えられないですから。ただ、けじめはつけて親にもきちんと報告したかったので、婚姻届は出そうかと。お互い、長男と長女ですからね。

妻:1回目の結婚で失敗したから、2回目で最後にしたいとお互い思ってたんじゃないかな。私が長野県生まれで、吉田さんは岩手県と、どっちも田舎育ちで考え方が古いから。

夫:漫画を週刊ペースで描き続けるのは体力もいるので、もうドロドロの愛憎劇やってる場合じゃないというのもありました。

※「吉田戦車の中には“おばちゃん”がいる!? 夫婦の「永遠の戦い」とは?」につづく

※週刊朝日 2017年7月14日号より抜粋
サイトで見る