南海トラフ地震と相模トラフ地震の影響も…大地震の確率「太平洋側」高地域に専門家の分析

地震

2021/06/05 08:00

 いつ、どこで大地震は起きるのか──。今後30年以内に震度6弱以上の地震に襲われる確率が、公開された「全国地震動予測地図2020年版」から見えてくる。自分の住む地域の将来の「確率」と、これまで揺れた「回数」からリスクを把握し、いつか来る大地震に備える必要がある。AERA 2021年6月7日号は「災害」特集。今後30年間の大地震の確率は水戸81%、札幌2.2%だったが、東京や西日本はどうか――。

あわせて読みたい

  • 震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%、福岡6.2%…専門家「安心できない地域」とは

    震度6弱以上の大地震、30年以内に水戸81%、東京47%、福岡6.2%…専門家「安心できない地域」とは

    AERA

    6/3

    次は南海トラフではない? 「隠された地震」の怖さ 2019年に危ないのはのはどこか

    次は南海トラフではない? 「隠された地震」の怖さ 2019年に危ないのはのはどこか

    dot.

    1/1

  • 東京、名古屋、大阪 大地震「危ない街」全国ランキング

    東京、名古屋、大阪 大地震「危ない街」全国ランキング

    週刊朝日

    9/6

    今後30年で震度6弱以上“驚愕”の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

    今後30年で震度6弱以上“驚愕”の確率、根室78%、千葉85%、横浜82%、高知75% 地震本部データ

    dot.

    9/6

  • 地震は予知できるのか? 地震予測に使われる、さまざまな手法とは

    地震は予知できるのか? 地震予測に使われる、さまざまな手法とは

    dot.

    10/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す