完治を目指せる患者はたった3割 膵臓がんも「AIアシスト」で早期発見へ

ヘルス

2023/02/12 11:00

 医療分野にも、AI技術活用の波が押し寄せている。デジタル技術を利用して診断や治療を支援するソフトウェアやデバイス「プログラム医療機器(SaMD)」が注目を集めている。医師の目視による診断に、AIを補助的に使うことで可能性が広がる。AERA 2023年2月13日号から。

あわせて読みたい

  • 早期発見が難しい膵がん 生存率向上へ治療の何が変わった?

    早期発見が難しい膵がん 生存率向上へ治療の何が変わった?

    dot.

    7/31

    【腎がん】若い人を含め、近年患者数が増加の一途 自覚症状が出にくいため、定期検診で早期発見を

    【腎がん】若い人を含め、近年患者数が増加の一途 自覚症状が出にくいため、定期検診で早期発見を

    dot.

    1/30

  • 欧米新薬が日本に入らない「ドラッグラグ」が拡大 個人負担増の恐れも

    欧米新薬が日本に入らない「ドラッグラグ」が拡大 個人負担増の恐れも

    週刊朝日

    6/27

    医師が気づかない心電図の微細な変化も突き止める! AIとのダブル診断でもう見逃さない時代へ

    医師が気づかない心電図の微細な変化も突き止める! AIとのダブル診断でもう見逃さない時代へ

    dot.

    6/20

  • 小林麻央さん命日に考える 出産前後の乳がんは見つけにくい? 専門医に聞いた答えは

    小林麻央さん命日に考える 出産前後の乳がんは見つけにくい? 専門医に聞いた答えは

    dot.

    6/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す