明治神宮外苑「イチョウ並木」に異変、幹や枝が枯れた木も 再開発でさらに増える懸念

2022/11/29 08:00

 黄葉の見物客でにぎわう東京・明治神宮外苑のイチョウ並木の一部が枯れかけている。 周辺では再開発計画が進む。このままではさらに枯れると、専門家は指摘する。2022年12月5日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 樹木1000本伐採の「神宮外苑再開発計画」に現役上智大生もNO! 専門家は「伐採は2本で済む」と指摘

    樹木1000本伐採の「神宮外苑再開発計画」に現役上智大生もNO! 専門家は「伐採は2本で済む」と指摘

    dot.

    7/1

    イチョウ並木より「9兆円」の神宮外苑再開発 2012年の森元首相とのやりとりとは

    イチョウ並木より「9兆円」の神宮外苑再開発 2012年の森元首相とのやりとりとは

    AERA

    9/28

  • 東京・明治神宮外苑のイチョウ並木も見頃に 各地の状況は

    東京・明治神宮外苑のイチョウ並木も見頃に 各地の状況は

    tenki.jp

    11/17

    壮大なる都市実験の百年、「永遠の森」と国立競技場

    壮大なる都市実験の百年、「永遠の森」と国立競技場

    tenki.jp

    8/17

  • 甲信もイチョウ黄葉 各地で色づき順調

    甲信もイチョウ黄葉 各地で色づき順調

    tenki.jp

    11/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す