国産チーズの需要が拡大 輸入品の価格高騰の中、技術の向上とチーズ作りに適した気候がポイントに

2022/11/16 11:30

 円安の影響で輸入・国産食品の価格差がなくなりつつあり、国産の方が安くなる逆転現象が起きている。加工品であるチーズは国産品が年々需要を伸ばしている。AERA2022年11月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • いま、チーズは「国産」がおいしい 盛り上がりを後押しするのは…

    いま、チーズは「国産」がおいしい 盛り上がりを後押しするのは…

    AERA

    3/23

    ブーム到来? 鮮度が魅力の“地チーズ”の世界

    ブーム到来? 鮮度が魅力の“地チーズ”の世界

    TPP

    週刊朝日

    4/6

  • 牛肉やレモンも国産の方が安い! 円安で輸入品が高騰、価格差がなくなり逆転するものも

    牛肉やレモンも国産の方が安い! 円安で輸入品が高騰、価格差がなくなり逆転するものも

    AERA

    11/15

    「ワインを飲むと太らない」は本当? 7種類のチーズから感染症医が力説
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「ワインを飲むと太らない」は本当? 7種類のチーズから感染症医が力説

    dot.

    5/14

  • 自給率100%の牛乳を値上げしなければいけないワケとは

    自給率100%の牛乳を値上げしなければいけないワケとは

    dot.

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す