丹羽宇一郎氏が語る「習近平1強体制」の中国の今後 台湾問題は現状を維持

2022/11/12 08:00

 中国共産党大会で習近平総書記が2期10年までの慣例を破り、続投を決めた。今後どうなるか。元駐中国大使で元伊藤忠会長の丹羽宇一郎氏(83)に聞いた。AERA 2022年11月14日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 習近平がいよいよ「始皇帝」に 中国の全人代開幕

    習近平がいよいよ「始皇帝」に 中国の全人代開幕

    週刊朝日

    3/5

    日本も米中戦争に巻き込まれる? 習近平、独裁強化の理由と迫る台湾有事Xデー

    日本も米中戦争に巻き込まれる? 習近平、独裁強化の理由と迫る台湾有事Xデー

    週刊朝日

    11/15

  • 進む習近平の“毛沢東化” 日中友好は「もう成り立たない」?

    進む習近平の“毛沢東化” 日中友好は「もう成り立たない」?

    週刊朝日

    10/19

    習近平の妻は「中国の美空ひばり」であげまん?

    習近平の妻は「中国の美空ひばり」であげまん?

    週刊朝日

    11/14

  • 粛清終え、独裁の習近平主席 標的は尖閣と安倍政権

    粛清終え、独裁の習近平主席 標的は尖閣と安倍政権

    週刊朝日

    12/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す