北海道JR在来線廃線危機、全国の物流ネットワークに影響か 代替案で輸送コスト増

鉄道

2022/10/26 11:00

 北海道と本州をつなぐ貨物列車は道民の生活物資や道内農産物の運搬に欠かせない。しかし新幹線の区間延長予定により、並行して走る在来線の利用客減少が見込まれ、存続の危機に面している。AERA2022年10月31日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 新幹線延伸の陰で北海道物流の大動脈が存続危機 在来線が赤字見込みで協議難航

    新幹線延伸の陰で北海道物流の大動脈が存続危機 在来線が赤字見込みで協議難航

    AERA

    10/25

    【震災10年】鉄道はつながってこそ未来を拓く 東北を救った輸送作戦といま

    【震災10年】鉄道はつながってこそ未来を拓く 東北を救った輸送作戦といま

    AERA

    2/20

  • JR北海道をつぶすの誰だ 会社もグループもみんな逃げた

    JR北海道をつぶすの誰だ 会社もグループもみんな逃げた

    AERA

    4/7

    新幹線に貨物列車が走る日が来る?  国の検討会で“貨物新幹線”構想が浮上した理由と実現の「ハードル」

    新幹線に貨物列車が走る日が来る?  国の検討会で“貨物新幹線”構想が浮上した理由と実現の「ハードル」

    dot.

    9/10

  • 鉄道長尺レールの曲がり方がエグい! 衝撃の輸送風景

    鉄道長尺レールの曲がり方がエグい! 衝撃の輸送風景

    dot.

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す