アイドルと推し活は宗教に類比 若い僧侶から見た仏教で「慈悲の心に触れてもらいたい」

2022/10/20 11:00

 過疎化で集落や檀家が減り、危機感を覚える寺が増えている。こうした状況を重く見て、寺に縁がなかった人にも、身近に感じられるような取り組みを行う僧侶も少なくない。AERA 2022年10月24日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • カフェめぐり感覚? 20代~40代女性に人気のお寺とは

    カフェめぐり感覚? 20代~40代女性に人気のお寺とは

    AERA

    10/7

    旅館の清掃従業員として働く65歳住職の困窮 「食えないお寺」が増えている

    旅館の清掃従業員として働く65歳住職の困窮 「食えないお寺」が増えている

    AERA

    7/31

  • 本堂は劇場型の円形ホール “葬式しない寺”に再建された深い事情

    本堂は劇場型の円形ホール “葬式しない寺”に再建された深い事情

    AERA

    10/29

    第二の人生で「お坊さん」になった人たち いかにして寺に“再就職”したのか?

    第二の人生で「お坊さん」になった人たち いかにして寺に“再就職”したのか?

    週刊朝日

    9/5

  • 寺と神社の違いとは? 日本特有の宗教の成り立ち
    筆者の顔写真

    鈴子

    寺と神社の違いとは? 日本特有の宗教の成り立ち

    dot.

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す