安全に暮らせるための防災情報を0.01秒でも早く届ける ゲヒルン代表取締役・石森大貴

AERA「現代の肖像」

現代の肖像

2022/09/23 17:00

 ゲヒルン代表取締役、石森大貴。「特務機関NERV」の名で、アプリやツイッターを通して防災気象情報を配信する。その早さは国内最速レベルだ。石森大貴が個人で始めた取り組みは、「公式」からのお墨付きも得て、いまやアプリのダウンロード数は307万回。あの日、大切な人に「逃げて」の声が届かなかった。だから0.01秒でも早く、わかりやすく情報を伝えることにこだわる。

あわせて読みたい

  • 謎の災害速報アカウント「特務機関NERV」とは何者か

    謎の災害速報アカウント「特務機関NERV」とは何者か

    AERA

    8/16

    「特務機関NERV」トンガ噴火の「津波」通知「最も早かった」の声 23日前に実装した機能も活躍

    「特務機関NERV」トンガ噴火の「津波」通知「最も早かった」の声 23日前に実装した機能も活躍

    AERA

    2/1

  • 特務機関NERVが情報速度にかけた10年 防災アプリはインフラに

    特務機関NERVが情報速度にかけた10年 防災アプリはインフラに

    AERA

    3/8

    100万人超がフォロー謎の災害速報アカウント「NERV」、本家エヴァも認める理由

    100万人超がフォロー謎の災害速報アカウント「NERV」、本家エヴァも認める理由

    dot.

    9/12

  • 碇ゲンドウ的父親論「父親は

    碇ゲンドウ的父親論「父親は"第二の母親"ではない」

    BOOKSTAND

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す