内申制度の問題点 付け方にばらつき、塾や親に言われ努力する「外発的動機」も

2022/09/19 08:00

 日々の学習意欲や態度を評価する内申点。高校入試の合否に関係することから、学校ごとの評価のばらつき、子どもたちの育ちへの影響など問題点が指摘されている。AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 高校入試を控える中学生の「内申書サバイバル」 委員長や部長は争奪戦、過去問もシェア

    高校入試を控える中学生の「内申書サバイバル」 委員長や部長は争奪戦、過去問もシェア

    AERA

    9/18

    現役教師「内申制度が教育を歪めている」 教育委が学校に乗り込んで“取り調べ”の理由

    現役教師「内申制度が教育を歪めている」 教育委が学校に乗り込んで“取り調べ”の理由

    AERA

    10/11

  • 「英語民間試験を使わず」 東北大の方針を8割の高校が支持

    「英語民間試験を使わず」 東北大の方針を8割の高校が支持

    AERA

    9/10

    【悩み相談】出席日数不足が高校入試で響く…前川喜平が進路アドバイス
    筆者の顔写真

    前川喜平

    【悩み相談】出席日数不足が高校入試で響く…前川喜平が進路アドバイス

    週刊朝日

    4/11

  • 内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

    内申書が不安で「楽勝部活に生徒殺到」「やる気ない生徒会に立候補」 広島県では大幅改革も

    AERA

    10/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す