性犯罪「二次加害」はネットだけじゃない 何気ない言葉が被害者を追い詰めることも

2022/09/14 11:30

 性犯罪の被害者への非難は、苦しんでいる被害者に追い打ちをかける。ネットでの中傷のみならず、被害者非難の言葉は日常にもはびこっている。AERA 2022年9月19日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • なぜ性被害女性を責めるのか? 背景に「女性はこうあるべき」強固な性別役割の構造

    なぜ性被害女性を責めるのか? 背景に「女性はこうあるべき」強固な性別役割の構造

    AERA

    9/15

    「性被害者は笑わない」発言は全性被害者への侮辱だ

    「性被害者は笑わない」発言は全性被害者への侮辱だ

    AERA

    1/7

  • 「まさか君が僕を訴えるとは」性犯罪加害者たちの滑稽なほどの“被害者意識”

    「まさか君が僕を訴えるとは」性犯罪加害者たちの滑稽なほどの“被害者意識”

    dot.

    12/7

    「加害していないときのお父さんは好き」 父親の無罪確定でも女の子の証言はリアルだ
    筆者の顔写真

    北原みのり

    「加害していないときのお父さんは好き」 父親の無罪確定でも女の子の証言はリアルだ

    dot.

    4/7

  • 性暴力サバイバーの証言 友人の友人に、友人の父に…加害者も被害者も作りたくない

    性暴力サバイバーの証言 友人の友人に、友人の父に…加害者も被害者も作りたくない

    AERA

    3/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す