「年収200万円」に届かない母子世帯の生活困窮 30年以上にわたり貧困率は高水準

2022/08/27 07:00

 物価の上昇が止まらないのに給与が上がらない中、「年収200万円」が話題となった。特に深刻なのが母子世帯。貧困の背景にはあるのは、非正規雇用の割合の高さだ。労働市場で女性が置かれている実情を専門家に聞いた。AERA 2022年8月29日号の記事から。

あわせて読みたい

  • 「妻vs.非妻」の不毛な争いは国のワナだった? 「女女格差」の分断元年は1985年

    「妻vs.非妻」の不毛な争いは国のワナだった? 「女女格差」の分断元年は1985年

    AERA

    5/14

    教育ローン支払い月15万円…「世界一働いても貧困」日本のシングルマザー

    教育ローン支払い月15万円…「世界一働いても貧困」日本のシングルマザー

    AERA

    2/20

  • 月8万円で生活するシングルマザー、配布会が救い 「一番助かるのは紙オムツです」

    月8万円で生活するシングルマザー、配布会が救い 「一番助かるのは紙オムツです」

    AERA

    8/28

    労働者階級に“アンダークラス”が激増 「ほかの階級のために犠牲に」と専門家

    労働者階級に“アンダークラス”が激増 「ほかの階級のために犠牲に」と専門家

    AERA

    2/24

  • 正規雇用との生涯賃金格差は2億円 それでも女性がパートで働く背景

    正規雇用との生涯賃金格差は2億円 それでも女性がパートで働く背景

    AERA

    5/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す