遺伝情報による差別禁止の「法」がない日本 「『皆婚規範』が強いからこそ明文化を」専門家が指摘

2022/07/09 18:00

 病気の発症を予防し、最適な治療も模索できるゲノム医療が進展を見せている。一方、遺伝子情報による差別や偏見、社会的不利益が生じるリスクが懸念されている。海外では法整備が進んでいるが、日本では整備されていない。この現状をどう見るのか。AERA 2022年7月11日号で、武藤香織・東京大学大学院教授が語る。

あわせて読みたい

  • 遺伝子情報で結婚や就職、保険で差別の可能性も? 海外は法整備も日本は手つかず

    遺伝子情報で結婚や就職、保険で差別の可能性も? 海外は法整備も日本は手つかず

    AERA

    7/7

    教授が「究極の個人情報」を公開 自ら学生の「教材」に

    教授が「究極の個人情報」を公開 自ら学生の「教材」に

    AERA

    1/27

  • 保険会社、どう選ぶ? 知っておきたい三つの「指標」

    保険会社、どう選ぶ? 知っておきたい三つの「指標」

    AERA

    4/8

    津田大介「改めて突きつけられたまとめサイトの責任」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「改めて突きつけられたまとめサイトの責任」

    週刊朝日

    7/6

  • 遺伝子診断のリスク 就職、結婚で差別も?

    遺伝子診断のリスク 就職、結婚で差別も?

    週刊朝日

    3/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す