「満州事変はプーチンのやり方と一緒だ」 保阪正康が説く「歴史を知ること」の重要性

ウクライナ

2022/07/06 08:00

 ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、日本の防衛のあり方が注目を集めている。この先どこへ向かうのか。『歴史の予兆を読む』(朝日新書)の共著者・保阪正康さんに聞いた。AERA 2022年7月11日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 【前編】保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    【前編】保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    AERA

    7/5

    保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    保阪正康が語るウクライナ侵攻 停戦への近道は市民社会化だが「独裁を許容する」現実

    AERA

    7/5

  • 池上彰×保阪正康 第一次世界大戦とウクライナ侵攻が類似する「まさか」の事態

    池上彰×保阪正康 第一次世界大戦とウクライナ侵攻が類似する「まさか」の事態

    dot.

    7/7

    池上彰「ロシアの歴史認識の違いはとても深刻」 保阪正康と語った第二次世界大戦の“真相”

    池上彰「ロシアの歴史認識の違いはとても深刻」 保阪正康と語った第二次世界大戦の“真相”

    dot.

    7/9

  • そして、メディアは日本を戦争に導いた

    そして、メディアは日本を戦争に導いた

    12/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す