メーガン妃の自伝ともなるアニメが制作中止 160億の契約金でネトフリが求めるのは「英王室の暴露もの」

2022/06/07 08:00

オランダ・ハーグを訪れたヘンリー王子とメーガンさん/4月17日(photo gettyimages)
オランダ・ハーグを訪れたヘンリー王子とメーガンさん/4月17日(photo gettyimages)

 エリザベス女王の即位70年を記念したイベント「プラチナ・ジュビリー」に沸く英国で、なぜか存在感を増しつつあるのがヘンリー王子夫妻。女王を差し置いて「メーガン劇場」がロングラン公演中!AERA 2022年6月13日号の記事を紹介する。

【写真】エリザベス女王を囲むロイヤルファミリー

*  *  *

 このところメーガンさん(40)の機嫌が悪い。それはまず、ネットフリックスで制作予定だったアニメーションシリーズ「パール」がキャンセルされたからだ。この作品は12歳の少女パールが歴史上活躍した女性たちと出会い、社会の不平等と闘って自分の道を見つけるという成長物語。メーガンさんの生い立ちと重なるところもあり、自伝との触れ込みだった。

 中止の理由は、ネットフリックスの登録者数が減っているからだといわれる。同社は動画配信サービスを始めて以来、世界中で驚異的な成長を見せてきた。だが今年1~3月期は会員数が過去10年で初めてマイナスに転じた。すでに20万人ほど減少したが、4~6月期はさらに200万人ほど減る見込みだ。コロナ禍の巣ごもり需要が一段落したうえに、外出規制の緩和で人々が外に出るようになったのも影響している。

 中止はパールだけではなく、ほかのアニメ作品なども対象になった。メーガンさんには「タイミングが悪かった」と同情的な声が上がる一方、「あまりに進行が遅い」との意見もある。契約からすでに2年近くが経つのに、作品は何一つ出ていない。

エリザベス女王を囲むロイヤルファミリー。プラチナ・ジュビリーの今年はいっそう注目が高まる/2018年7月10日、ロンドン(photo gettyimages)
エリザベス女王を囲むロイヤルファミリー。プラチナ・ジュビリーの今年はいっそう注目が高まる/2018年7月10日、ロンドン(photo gettyimages)

■求められるのは暴露

 伝記作家のトム・バウアー氏は「クリエーティブな分野での彼女の才能は、ごく限られたものではないか」と辛口のコメントをした。彼女が出した児童書『ザ・ベンチ』はテーマの家族愛が伝わらず、ヘンリー王子(37)がディズニーの最高経営責任者(CEO)に頼んで得たドキュメンタリー映画「エレファント」のナレーションは、力が入りすぎて上滑りだった。

 バウアー氏は「今回は、そうした批判をはね返す絶好のチャンスだったのだ」と続けた。

1 2

あわせて読みたい

  • 英王族でも米政界入りを模索するメーガン妃 矛盾の多い波瀾万丈な「メーガン劇場」

    英王族でも米政界入りを模索するメーガン妃 矛盾の多い波瀾万丈な「メーガン劇場」

    AERA

    6/8

    メーガンさん、称号剥奪に危機感? 長女に“強力な名前”つけ王室との関係強調

    メーガンさん、称号剥奪に危機感? 長女に“強力な名前”つけ王室との関係強調

    AERA

    6/17

  • 「サセックス公爵夫人、メーガンです」王室利用しながら批判する矛盾 人気急上昇のウィリアム王子には対抗心?

    「サセックス公爵夫人、メーガンです」王室利用しながら批判する矛盾 人気急上昇のウィリアム王子には対抗心?

    AERA

    1/2

    ヘンリー王子とメーガンさんがエリザベス女王面会に込めた“下心” ひ孫の成長ぶりに笑い声も

    ヘンリー王子とメーガンさんがエリザベス女王面会に込めた“下心” ひ孫の成長ぶりに笑い声も

    AERA

    4/21

  • ヘンリー王子の回顧録『スペア』 “初体験”からコカイン吸引まで、生々しい暴露が羅列

    ヘンリー王子の回顧録『スペア』 “初体験”からコカイン吸引まで、生々しい暴露が羅列

    AERA

    1/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す