罪を犯した者を弁護する“刑事弁護人”の気持ちをリアルに描く薬丸岳の新作 100超の裁判を傍聴し執筆

2022/05/18 18:00

 AERAで連載中の「この人この本」では、いま読んでおくべき一冊を取り上げ、そこに込めた思いや舞台裏を著者にインタビュー。『刑事弁護人』は、薬丸岳さんの著書。ある日、現役警察官によるホスト殺害事件が起きる。弁護士の持月凜子は、同じ事務所の西大輔と無実を信じ奔走するが、次第に、事件は幼児への性的虐待が引き金となっていたことを知る。キャリア17年目の薬丸さんが初めて女性主人公の視点で描いた作品。シナリオの勉強をしていた薬丸さんは、「映像」としてイメージしたものを文章にすることもあるという。薬丸さんに、同書にかける思いを聞いた。

あわせて読みたい

  • 無罪請負人

    無罪請負人

    週刊朝日

    5/22

    64歳で弁護士になった元新聞記者 60代での就活、30カ所で「門前払い」

    64歳で弁護士になった元新聞記者 60代での就活、30カ所で「門前払い」

    週刊朝日

    5/19

  • 東京女子医大がまた隠蔽? 新医療事故調査制度も期待薄

    東京女子医大がまた隠蔽? 新医療事故調査制度も期待薄

    週刊朝日

    10/8

    麻原死刑囚をいまだに「尊師」 高橋被告公判でわかった呪縛

    麻原死刑囚をいまだに「尊師」 高橋被告公判でわかった呪縛

    週刊朝日

    1/29

  • 「紀州のドン・ファン」元妻“無罪請負人”を選任できず 雑談のみで完黙貫く 

    「紀州のドン・ファン」元妻“無罪請負人”を選任できず 雑談のみで完黙貫く 

    dot.

    5/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す