チャン・イーモウ監督、最新作は「私からの映画へのラブレター」 実体験に基づく中国映画界の記憶を撮影

映画

2022/05/16 08:00

 5月20日から東京・TOHOシネマズ シャンテ他で全国公開となる、チャン・イーモウ監督の最新作「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」。文化大革命の真っただ中に青春時代を過ごした中国映画界の巨星は、記憶を温め続け作品に込めた。その胸の内にある映画への思いは。AERA 2022年5月16日号より紹介する。

あわせて読みたい

  • 高倉健が一番、愛した日本刀とは?
    筆者の顔写真

    植草信和

    高倉健が一番、愛した日本刀とは?

    dot.

    4/9

    ヤン ヨンヒ監督が語る韓国映画界 「剽窃もみ消し」に声を上げた映画人に見た希望

    ヤン ヨンヒ監督が語る韓国映画界 「剽窃もみ消し」に声を上げた映画人に見た希望

    AERA

    11/14

  • 「生み出す人がいちばん偉い」ぴあフィルムフェスティバルが今年で40回目

    「生み出す人がいちばん偉い」ぴあフィルムフェスティバルが今年で40回目

    AERA

    1/13

    お正月のお楽しみ、アカデミー賞候補作をチェック!

    お正月のお楽しみ、アカデミー賞候補作をチェック!

    tenki.jp

    1/5

  • 【独占インタビュー】ニコラス・ケイジ「好きな日本映画は、『進撃の巨人』『リング』」

    【独占インタビュー】ニコラス・ケイジ「好きな日本映画は、『進撃の巨人』『リング』」

    週刊朝日

    9/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す