医療・健康の本で「生きる」を考える 医師・おおたわ史絵が影響を受けた名著10選

2022/05/08 11:00

 忙しい日々のなかでも活字に向き合えば、新しい世界が見えてくる。AERA 2022年5月2-9日合併号の特集「今読みたい本120冊」では、各ジャンルの専門家がおすすめの本を10冊ずつ紹介。2020年に薬物依存症の末に孤独死した母との関係を描いたエッセー『母を捨てるということ』(朝日新聞出版)を出した総合内科専門医・おおたわ史絵さんが選んだ「医療・健康」分野の本をお届けする。

あわせて読みたい

  • 「毒親というより依存症の人」 おおたわ史絵が捨てた母親とは

    「毒親というより依存症の人」 おおたわ史絵が捨てた母親とは

    週刊朝日

    9/18

    「毒親」は“いる”のではなく“なる”もの <おおたわ史絵×中野信子対談>

    「毒親」は“いる”のではなく“なる”もの <おおたわ史絵×中野信子対談>

    dot.

    10/5

  • おおたわ史絵・中野信子が語る依存症「やめたいんだったら死ぬしかない」と思っていた…

    おおたわ史絵・中野信子が語る依存症「やめたいんだったら死ぬしかない」と思っていた…

    dot.

    10/12

    「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

    「必ず光がある小説」書店員がセレクト 本のテーマは「世界が舞台」「戦争」「背中を押す」

    AERA

    5/2

  • 医師・おおたわ史絵が、執筆やコメンテーターを必死で続けた理由と家族の崩壊

    医師・おおたわ史絵が、執筆やコメンテーターを必死で続けた理由と家族の崩壊

    dot.

    8/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す