直木賞作家・井上荒野『生皮』 セクハラ加害者、被害者、それぞれの“なぜ”に迫る

2022/04/15 08:00

 最新作『生皮』で「性的被害」について描いた。加害者、被害者、その家族、SNSの反応……。それぞれの心情、「なぜ」に迫った。AERA2022年4月18日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 4月号ノンフィクション作家 河合香織 Kawai Kaori生皮を剥いで社会の膜を破る

    4月号ノンフィクション作家 河合香織 Kawai Kaori生皮を剥いで社会の膜を破る

    4/7

    96%が複数回経験、セクハラに対する意識の低いメディア業界

    96%が複数回経験、セクハラに対する意識の低いメディア業界

    AERA

    6/7

  • セクハラに人権侵害の認識が欠如 “被害者たたき”で露見した社会の歪み

    セクハラに人権侵害の認識が欠如 “被害者たたき”で露見した社会の歪み

    AERA

    5/8

    「国策」として考えるセクハラ問題 野田聖子総務相×小島慶子対談

    「国策」として考えるセクハラ問題 野田聖子総務相×小島慶子対談

    AERA

    6/27

  • 部長、その恋愛はセクハラです!

    部長、その恋愛はセクハラです!

    週刊朝日

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す