自宅に難民を受け入れ、託児所開設に奔走 ポーランドに暮らす20代日本人男性の思い

ウクライナ

2022/04/15 08:00

 ロシアによるウクライナ侵攻が続くなか、隣国ポーランドでは難民支援に奔走する日本人男性がいる。自宅に難民を受け入れ、難民になった母親のために現地のNGOとともに託児所の開設を目指している。AERA 2022年4月18日号は男性に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • ウクライナに残る決断をした日本人女性 「戦場で踊ろう」インスタで人々の生き様を発信

    ウクライナに残る決断をした日本人女性 「戦場で踊ろう」インスタで人々の生き様を発信

    AERA

    4/14

    「難民になりたくない」ウクライナに両親は留まった 日本の受け入れ数325人が示す避難の壁

    「難民になりたくない」ウクライナに両親は留まった 日本の受け入れ数325人が示す避難の壁

    dot.

    4/1

  • プーチン氏、悪目立ちで米国は「警察国家」役を返上 薄れるバイデン氏の存在感

    プーチン氏、悪目立ちで米国は「警察国家」役を返上 薄れるバイデン氏の存在感

    AERA

    3/30

    欧米人の目を持つ日本人 古賀茂明
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    欧米人の目を持つ日本人 古賀茂明

    週刊朝日

    4/12

  • 医師はゴム手袋の風船に笑顔を描いた 守りたいのはウクライナ避難民の命と心

    医師はゴム手袋の風船に笑顔を描いた 守りたいのはウクライナ避難民の命と心

    AERA

    4/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す