「習近平の仲介」を断固阻止すべき 東郷和彦と手嶋龍一が語る日本の安全保障と外交

ウクライナ

2022/04/01 10:00

 緊迫化するウクライナ情勢。ロシアによる侵攻で停戦のための課題は何か。日本はどう外交すべきか。アエラ3月28日号に続き、元外務省欧亜局長の東郷和彦さんと、外交ジャーナリストの手嶋龍一さんが語り合った。AERA 2022年4月4日号の記事から(前後編の後編)。

あわせて読みたい

  • ウクライナ停戦の第一関門「中立化」を実現する外交手腕とは 東郷和彦×手嶋龍一

    ウクライナ停戦の第一関門「中立化」を実現する外交手腕とは 東郷和彦×手嶋龍一

    AERA

    3/31

    ウクライナ 大量無差別攻撃を止めるヒントは「日本の終戦」 東郷和彦×手嶋龍一

    ウクライナ 大量無差別攻撃を止めるヒントは「日本の終戦」 東郷和彦×手嶋龍一

    AERA

    3/24

  • プーチンは二島返還に応じるか? 日本が打つべき最良の手とは

    プーチンは二島返還に応じるか? 日本が打つべき最良の手とは

    dot.

    12/14

    「トランプとプーチンは馬が合う」…米ロ雪解けで、情報戦に変化?

    「トランプとプーチンは馬が合う」…米ロ雪解けで、情報戦に変化?

    週刊朝日

    11/18

  • 岸田政権は価格高騰でも食料安保に「興味なし」? 北方領土交渉は棚上げに

    岸田政権は価格高騰でも食料安保に「興味なし」? 北方領土交渉は棚上げに

    週刊朝日

    4/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す