ウクライナ侵攻であらわになった「核の危機」 今こそ問われる被爆国日本の姿勢

ウクライナ

2022/03/24 17:00

 核兵器の使用をちらつかせるプーチン大統領は、欧米を脅しながらウクライナ侵攻を進めている。被爆国として日本はどう対応するべきか。AERA 2022年3月28日号から。

あわせて読みたい

  • プーチンの威嚇で高まる核兵器のウェート 「共有」ではなく「廃絶」へとつなぐ日米議員連携の書簡

    プーチンの威嚇で高まる核兵器のウェート 「共有」ではなく「廃絶」へとつなぐ日米議員連携の書簡

    dot.

    4/23

    「核共有」が日本にとって非現実的な理由

    「核共有」が日本にとって非現実的な理由

    週刊朝日

    4/7

  • 核兵器を巡る悪循環 存在する限り、使われる脅威はなくならない現実

    核兵器を巡る悪循環 存在する限り、使われる脅威はなくならない現実

    AERA

    3/8

    「持ち込ませず」外して「非核二原則」になる? 中距離ミサイル配備のリスク

    「持ち込ませず」外して「非核二原則」になる? 中距離ミサイル配備のリスク

    週刊朝日

    4/8

  • ウクライナが試す岸田政権、対ロシア外交に課題 脱“安倍路線”どこまで貫けるか

    ウクライナが試す岸田政権、対ロシア外交に課題 脱“安倍路線”どこまで貫けるか

    AERA

    4/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す