「暴露本」準備中のヘンリー王子に国民がそっぽ 一方でキャサリン妃の人気が急上昇

2022/02/13 11:00

 英国は今年、エリザベス女王の即位70周年を迎える。英国王室初の記念すべき年に泥を塗りかねないトラブルを抱えている。ヘンリー王子が準備を進める新たな「暴露本」の存在だ。希望の光はキャサリン妃のみ──。AERA 2022年2月14日号から。

あわせて読みたい

  • メーガンさん、称号剥奪に危機感? 長女に“強力な名前”つけ王室との関係強調

    メーガンさん、称号剥奪に危機感? 長女に“強力な名前”つけ王室との関係強調

    AERA

    6/17

    ウィリアム王子とハリー王子の関係が微妙…やっぱり火種はメーガン妃?

    ウィリアム王子とハリー王子の関係が微妙…やっぱり火種はメーガン妃?

    AERA

    12/11

  • 眞子さまだけじゃない 世界の若い世代ロイヤルにも「自由な生き方」求める動き

    眞子さまだけじゃない 世界の若い世代ロイヤルにも「自由な生き方」求める動き

    AERA

    10/28

    メーガンさんにくすぶる盗作疑惑、「家族を壊してばかり」の声も… キャサリン妃は写真集と動画で“攻め”に転換

    メーガンさんにくすぶる盗作疑惑、「家族を壊してばかり」の声も… キャサリン妃は写真集と動画で“攻め”に転換

    AERA

    5/21

  • 英王室離脱で明暗? 妃は活躍の場を広げ、王子は“落とし穴”にはまる可能性も

    英王室離脱で明暗? 妃は活躍の場を広げ、王子は“落とし穴”にはまる可能性も

    AERA

    4/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す