小6のカブトムシの論文「賞賛に値する」と研究者 驚くほど精緻なその内容

2021/12/24 17:00

 米プリンストン大の真鍋淑郎さんら歴代のノーベル賞受賞者たちは、若い頃から好奇心を糧に研究に取り組んできた。彼らに続く「タマゴ」を紹介する。AERA 2021年12月27日号から。

あわせて読みたい

  • 二十四節気「啓蟄」。クワガタムシは多様性のシンボル?

    二十四節気「啓蟄」。クワガタムシは多様性のシンボル?

    tenki.jp

    3/5

    ジョージ・ハリスンの記念樹が“リアル・カブトムシ”の襲来で枯れる

    ジョージ・ハリスンの記念樹が“リアル・カブトムシ”の襲来で枯れる

    Billboard JAPAN

    7/23

  • テレビでも話題の教育家・宝槻泰伸さんおススメの「子どもがハマった本」

    テレビでも話題の教育家・宝槻泰伸さんおススメの「子どもがハマった本」

    AERA

    3/15

    小島慶子「寿命30年?! 2匹のヤドカリと過ごした日々」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「寿命30年?! 2匹のヤドカリと過ごした日々」

    AERA

    6/17

  • 武井壮さんが、小学生向け科学まんがシリーズ「バトル・ブレイブス」特別教官に就任!

    武井壮さんが、小学生向け科学まんがシリーズ「バトル・ブレイブス」特別教官に就任!

    3/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す