「入管に人生をめちゃくちゃにされた」不安と恐怖でうつ発症も 収容経験者たちが証言

2021/12/17 17:00

 今年3月、スリランカ国籍のウィシュマ・サンダマリさんが、収容されていた名古屋入管で亡くなった。入管の実態とはいかなるものなのか。収容経験者たちの証言から浮かび上がったのは、人権意識に欠いた対応だった。AERA 2021年12月20日号から。

あわせて読みたい

  • 入管の「密室」の実態 トイレまで24時間監視…収容経験者「何度も死のうと思った」

    入管の「密室」の実態 トイレまで24時間監視…収容経験者「何度も死のうと思った」

    AERA

    12/16

    「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    「刑務所よりもひどい」外国人長期収容の“絶望しかない”入管での実態

    AERA

    11/11

  • 「入管がウィシュマさんを見殺しに」代理人弁護士が語る人命軽視、隠蔽体質

    「入管がウィシュマさんを見殺しに」代理人弁護士が語る人命軽視、隠蔽体質

    週刊朝日

    9/10

    入管でスリランカ人女性死亡の背景に「特高マインド」 70年前の法律の見直しを

    入管でスリランカ人女性死亡の背景に「特高マインド」 70年前の法律の見直しを

    AERA

    6/24

  • 東浩紀「入国管理局の全件収容主義 今こそ人権侵害の制度とは決別を」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「入国管理局の全件収容主義 今こそ人権侵害の制度とは決別を」

    AERA

    6/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す