ブースター接種でオミクロン株の抗体25倍 2回でも重症化を防ぐ調査結果も

ヘルス

2021/12/15 08:00

 オミクロン株の登場を受けて、岸田文雄首相はワクチンのブースター接種の前倒しを表明した。3回目の接種で変異株にどれだけの効果が期待できるのか。AERA 2021年12月20日号から。

あわせて読みたい

  • ワクチン2回で予防効果は推計「0」…対オミクロン、ブースターまで時間稼ぎが必要

    ワクチン2回で予防効果は推計「0」…対オミクロン、ブースターまで時間稼ぎが必要

    AERA

    12/29

    ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

    ワクチン接種7カ月で抗体は13分の1 高齢者は重症化を防ぐ効果の低下も懸念

    AERA

    12/14

  • オミクロン対応ワクチンの「実力」と副反応  中和抗体は1.5~1.7倍 

    オミクロン対応ワクチンの「実力」と副反応  中和抗体は1.5~1.7倍 

    AERA

    9/28

    オミクロン株で既存薬の効果低下 入院リスク3分の1でも医療の負担減にならない理由

    オミクロン株で既存薬の効果低下 入院リスク3分の1でも医療の負担減にならない理由

    AERA

    1/12

  • 「BA.5」対応ワクチンの登場は「待たずに打った方がいい」 専門家が助言する理由

    「BA.5」対応ワクチンの登場は「待たずに打った方がいい」 専門家が助言する理由

    AERA

    9/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す