柳楽優弥、劇団ひとりの手のひらの上で踊る ビートたけしに挑み、「闘って、そして勝てた」

2021/12/13 11:30

 ビートたけしの同名小説を映画化した「浅草キッド」で、ビートたけしその人を演じるのが、俳優の柳楽優弥さんだ。コメディアンであり、映画監督であり、小説家。そんな人物を演じるのは、「闘い」だったという。AERA 2021年12月13日号から。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す