じんましんのほとんどは原因不明 抗ヒスタミン薬に替わる治療薬とは?

ヘルス

2021/10/16 11:00

 アレルギー症状は、明確に原因がわかるものから、わかりにくいものまでさまざまな種類がある。中でも厄介なのは、「じんましん」だという。AERA 2021年10月18日号は、アレルギーの症状例や最新の治療法などを専門家が解説する。

あわせて読みたい

  • 花粉でトマトやバナナがNG、運動前のプロテインでじんましん…意外な大人のアレルギー

    花粉でトマトやバナナがNG、運動前のプロテインでじんましん…意外な大人のアレルギー

    AERA

    10/15

    ホントに「グルテンアレルギー」?  専門医も警鐘、誤解だらけの“遅延型アレルギー検査”

    ホントに「グルテンアレルギー」? 専門医も警鐘、誤解だらけの“遅延型アレルギー検査”

    AERA

    10/14

  • 花粉症の最新治療は“世界初”の保険適用 今年の傾向と対策

    花粉症の最新治療は“世界初”の保険適用 今年の傾向と対策

    週刊朝日

    2/17

    花粉症「生まれる前から対策」の時代来る? 子ども向け治療の最前線

    花粉症「生まれる前から対策」の時代来る? 子ども向け治療の最前線

    AERA

    2/14

  • 2月20日は「アレルギーの日」! 日本の免疫学者が花粉症の原因「IgE抗体」発見を発表した日なんです

    2月20日は「アレルギーの日」! 日本の免疫学者が花粉症の原因「IgE抗体」発見を発表した日なんです

    tenki.jp

    2/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す