池上彰×山口二郎 衆院選で野党が政権交代するには「二者択一の構図」が重要

岸田政権

2021/10/14 08:00

市民連合と政策合意を交わした(右から)れいわ新選組の山本太郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首(c)朝日新聞社
市民連合と政策合意を交わした(右から)れいわ新選組の山本太郎代表、立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、社民党の福島瑞穂党首(c)朝日新聞社

 衆院選で共闘による岸田文雄政権の打倒を目指す野党。だが、共産党について否定的な見方を持つ連合や有権者もおり、一筋縄ではいかない。どう戦えばいいのか。AERA 2021年10月18日号で、ジャーナリスト・池上彰さんと政治学者・山口二郎さんが語り合った。

【画像】もし野党一本化だったら…危うかった主な与党候補と「与野党対決の行方」はこちら

*  *  *

──立憲民主党が政権を取った場合、共産党と「限定的な閣外からの協力」で一致しましたが、立憲の枝野幸男代表が野党共闘にいまひとつはっきりしない態度なのも気がかりです。

山口:野党共闘はよく「ガラス細工」と言われていて、私もそれを否定しません。共産党について極めて否定的な見方を持っている連合から応援してもらいながら、共産党とも選挙協力していくというのは、本来矛盾をはらんでいる話です。ただ、理念や世界観のまったく違う政党が選挙のためだけに無理やりくっついたわけではありません。安倍・菅政権の下でも、野党は国会のなかで協力して議員立法を作っています。

池上:地方に行くほど、「結局共産党は何をやろうとしているの?」という人たちの信頼感をどこまで得られるかが重要になるでしょうね。たとえば、共産党は自分たちのしてきたことを正しかったと言い続けています。でも、「これとこれは間違いだった」「ごめんなさい、生まれ変わったんです」というくらいのことが起きると、変わるのかもしれません。いまだに前衛党神話みたいなものを持ち続けていることにも、抵抗感があるのだと思います。

山口:「究極的な理想」と「短期的に実現すべき政策」を区別して、「短期的なスパンでいえば社会民主主義政党です」と言ってくれれば話は簡単ですけど。

■投票率が上がれば変化

──共産党にネガティブなイメージを持つ人たちがいるなかで、無党派層の票田を逃す可能性はありませんか。

山口:共産党と協力すれば、「革命を目指す左翼政党と一緒にやるのか」という批判が必ず出てきます。でも、もう逃げ隠れする必要はない。「政策実現のために、共産党とも必要な限り協力します」と言っておけばいい。そもそも、共産党にそういった意識を持つ人たちは、野党に投票してくれません。小選挙区で二者択一の構造を作ると、45%くらいを取れば勝てるわけです。政治はダイナミックに動く。政治的関心を持つ人々がどれくらい共産党に票を入れるかということが、野党協力の持続可能性にとって重要な課題になってくると思います。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 池上彰×山口二郎、岸田内閣は事実上の「第3次安倍内閣」 自民党に危機感なし

    池上彰×山口二郎、岸田内閣は事実上の「第3次安倍内閣」 自民党に危機感なし

    AERA

    10/12

    野党共闘への壁と選挙協力の限界とは? 池上彰×山口二郎の「衆院選」対談

    野党共闘への壁と選挙協力の限界とは? 池上彰×山口二郎の「衆院選」対談

    AERA

    10/13

  • 政権交代に動き出した立憲民主 自民幹部は苦笑「共産党と組むとか言い出すと自民党も危ない」

    政権交代に動き出した立憲民主 自民幹部は苦笑「共産党と組むとか言い出すと自民党も危ない」

    AERA

    9/15

    伸び悩む自民党が共産党への“ネガキャン”を激化「野党共闘への脅威の裏返し」

    伸び悩む自民党が共産党への“ネガキャン”を激化「野党共闘への脅威の裏返し」

    dot.

    10/24

  • 野党共闘必勝法指南! 政治学者・中野晃一×憲法学者・小林節

    野党共闘必勝法指南! 政治学者・中野晃一×憲法学者・小林節

    週刊朝日

    2/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す