北朝鮮の母娘がみせた“ありのままの笑顔” 29年間43回の訪朝で見えた市民の姿とは

2021/08/16 11:30

 フォトジャーナリストの伊藤孝司さんは、29年間43回にわたり北朝鮮を訪れ、その変化を見つめてきた。市井の人々の自然な表情を撮るまでには、長年の苦労があった。AERA 2021年8月16日-8月23日合併号から。

あわせて読みたい

  • 被爆から73年 問われる“被爆体験なし”での継承活動

    被爆から73年 問われる“被爆体験なし”での継承活動

    AERA

    11/25

    北朝鮮問題の突破口は「二階訪朝団」 孫崎享×金丸信吾×木村三浩

    北朝鮮問題の突破口は「二階訪朝団」 孫崎享×金丸信吾×木村三浩

    週刊朝日

    8/3

  • 「日本では放送しない」約束で海外メディアに… 被爆者たちはなぜ日本で原爆を語れないのか?

    「日本では放送しない」約束で海外メディアに… 被爆者たちはなぜ日本で原爆を語れないのか?

    AERA

    8/6

    核兵器禁止条約に参加しない日本に被爆者の怒り「どこの国の総理ですか?」

    核兵器禁止条約に参加しない日本に被爆者の怒り「どこの国の総理ですか?」

    AERA

    9/26

  • 北朝鮮が帰したかった日本人失踪者8人 近々、安倍首相訪朝?

    北朝鮮が帰したかった日本人失踪者8人 近々、安倍首相訪朝?

    週刊朝日

    5/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す