岩田健太郎医師 五輪の感染対策「言語道断」の3つの問題といま必要な対策とは?

AERAオンライン限定

2021/08/07 17:00

 開催中の東京五輪では、選手や関係者らにも感染が起きている。五輪の感染対策に問題はなかったのか。神戸大学の岩田健太郎教授(感染治療学)が、「言語道断」と指摘する問題がある。

あわせて読みたい

  • 上昌広「感染者数が増えたら恥」 パラリンピック開催には五輪のデータ生かすべき

    上昌広「感染者数が増えたら恥」 パラリンピック開催には五輪のデータ生かすべき

    AERA

    8/25

    院内感染「どの病院で起きてもおかしくない」 完全には防ぎきれない意外な理由とは

    院内感染「どの病院で起きてもおかしくない」 完全には防ぎきれない意外な理由とは

    AERA

    11/26

  • 神奈川・川崎市で1日あたりのコロナ陽性率「95%」相当を記録? 異様な高さになった理由とは

    神奈川・川崎市で1日あたりのコロナ陽性率「95%」相当を記録? 異様な高さになった理由とは

    dot.

    8/20

    東京五輪「バブル方式」の危うさ 死亡率世界最悪のペルーで流行「ラムダ株」持ち込みも?

    東京五輪「バブル方式」の危うさ 死亡率世界最悪のペルーで流行「ラムダ株」持ち込みも?

    dot.

    6/26

  • PCR検査 日本でいまだハードル高いのはなぜ? 米国の大学では自販機無料提供も
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    PCR検査 日本でいまだハードル高いのはなぜ? 米国の大学では自販機無料提供も

    dot.

    1/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す