危険なのは「盛り土」だけではない 土砂災害が起きやすい4つの条件

AERAオンライン限定

2021/07/10 10:00

 高橋氏によると、土砂災害が起きやすい危険な斜面とは次のような場所だ。

 (1)歩いて上るのが厳しいぐらいの急斜面(2)火山灰でできた地層が厚く堆積している(3)斜面の上流の木々が伐採されて土壌の保水力が弱まっている(4)地表下にある花崗岩が深層風化でもろくなっている――などだ。

 山と谷に囲まれた日本には、こうした地形がいたる所にある。土石流や崩落が起きそうな土地かどうかを知るには、国土地理院が公開する土地条件図やハザードマップを参考にするのがいい。過去に地滑りが起きた場所などが、色付けして表示してある。

 そして自分の住んでいる場所が危険地帯に当てはまった場合、大雨が続いたらまず避難を考えることが大切だ。高橋氏は、

「危ないと思ったらすぐに逃げることが命を守ることにつながる」

 と言う。

(ジャーナリスト・桐島瞬)

※AERAオンライン限定記事

1 2

あわせて読みたい

  • 熱海土石流は盛り土内の「水圧」上昇が要因だった 全国5万1千カ所の盛り土リスクとは

    熱海土石流は盛り土内の「水圧」上昇が要因だった 全国5万1千カ所の盛り土リスクとは

    AERA

    7/13

    “人災”多い土砂災害 熱海市、丸森町、球磨村の共通点

    “人災”多い土砂災害 熱海市、丸森町、球磨村の共通点

    週刊朝日

    7/14

  • 増加する土砂災害 専門家らが訴える法整備「熱海は非常に大きな教訓」

    増加する土砂災害 専門家らが訴える法整備「熱海は非常に大きな教訓」

    週刊朝日

    7/14

    【独自調査】熱海だけじゃない「土砂災害リスク」の高い自治体 草津町や伊豆市は?

    【独自調査】熱海だけじゃない「土砂災害リスク」の高い自治体 草津町や伊豆市は?

    dot.

    7/10

  • 静岡・熱海市の土石流災害   自宅に取り残された老人の無事確認【現地ルポ】

    静岡・熱海市の土石流災害   自宅に取り残された老人の無事確認【現地ルポ】

    週刊朝日

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す