「医療は限界 五輪やめて!」背景に「現場の怒りと疲弊」 院長が語る真意

新型コロナウイルス

2021/05/18 08:00

 東京都内の病院が五輪開催反対のメッセージを窓に貼り出した。新型コロナウイルスの 感染拡大で医療体制が逼迫する中、患者と向き合う現場の思いが込められている。AERA 2021年5月24日号に掲載された記事を紹介。

あわせて読みたい

  • 「東大病院がコロナ拠点病院に手を挙げないのか」“病床崩壊”が止まらない

    「東大病院がコロナ拠点病院に手を挙げないのか」“病床崩壊”が止まらない

    週刊朝日

    1/20

    北海道・旭川襲った「コロナ感染爆発」は全国で起きうる 「対応を上回るスピードで感染拡大」

    北海道・旭川襲った「コロナ感染爆発」は全国で起きうる 「対応を上回るスピードで感染拡大」

    AERA

    12/9

  • 「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    「想定よりずっと早くきたコロナ患者受け入れ要請」がん研有明病院・佐野武病院長インタビュー

    AERA

    2/5

    小池百合子都知事の新型コロナ対策「患者受け入れで4000床確保」は現実味なし 

    小池百合子都知事の新型コロナ対策「患者受け入れで4000床確保」は現実味なし 

    週刊朝日

    3/28

  • 中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    中高年患者急増で病床が不足する 現場が警戒する施設内クラスターと院内感染

    AERA

    11/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す