「引きこもり絵画大賞」で負の印象を変える 精神科医「生きやすい社会にするための一歩」

2021/04/27 11:30

 自らもひきこもり経験のある精神科医が、ひきこもりに向けられる社会の視線や 問題の報じられ方を変えようと「引きこもり絵画大賞」を設立、作品を募集している。 AERA 2021年5月3日-5月10日合併号から。

あわせて読みたい

  • ひきこもりの「黒歴史」が役に立つ 自己肯定感につながる「雑誌」「文学賞」の投稿

    ひきこもりの「黒歴史」が役に立つ 自己肯定感につながる「雑誌」「文学賞」の投稿

    AERA

    10/16

    働かなくても親孝行する方法 ひきこもり名人・勝山の「生存戦略」とは?
    筆者の顔写真

    石井志昂

    働かなくても親孝行する方法 ひきこもり名人・勝山の「生存戦略」とは?

    dot.

    7/25

  • “ひきこもり”相談 事件きっかけに倍増 「NGな対応」とは

    “ひきこもり”相談 事件きっかけに倍増 「NGな対応」とは

    週刊朝日

    6/12

    2030年「ひきこもり長寿社会」到来で財政難か大量衰弱死か 精神科医・斎藤環が警鐘

    2030年「ひきこもり長寿社会」到来で財政難か大量衰弱死か 精神科医・斎藤環が警鐘

    AERA

    8/24

  • 半年の入居費用685万円も…自立支援施設とひきこもり当事者の「人権」

    半年の入居費用685万円も…自立支援施設とひきこもり当事者の「人権」

    AERA

    7/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す