ミュージカル王子・浦井健治 「メタルの神様からの指南」で新たな歌唱法にトライ? (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミュージカル王子・浦井健治 「メタルの神様からの指南」で新たな歌唱法にトライ?

坂口さゆりAERA
さすがミュージカル界のプリンス! 終始笑顔を向けるのはお客様だけではない。取材者にも変わらぬ笑顔で語ってくれた(撮影/掛祥葉子)

さすがミュージカル界のプリンス! 終始笑顔を向けるのはお客様だけではない。取材者にも変わらぬ笑顔で語ってくれた(撮影/掛祥葉子)

浦井健治(うらい・けんじ)/1981年8月6日、東京都生まれ。2000年「仮面ライダークウガ」で俳優デビュー。第31回菊田一夫演劇賞、第22回読売演劇大賞最優秀男優賞など受賞(撮影/掛祥葉子)

浦井健治(うらい・けんじ)/1981年8月6日、東京都生まれ。2000年「仮面ライダークウガ」で俳優デビュー。第31回菊田一夫演劇賞、第22回読売演劇大賞最優秀男優賞など受賞(撮影/掛祥葉子)

 ミュージカル俳優・浦井健治が俳優生活20周年を記念したセカンドアルバムを3月にリリース。4月20日の記念コンサートを前に話を聞いた。AERA 2021年4月26日号に掲載された記事を紹介する。

【浦井健治さんの写真をもっと見る】

*  *  *
──「エリザベート」「マイ・フェア・レディ」など多くのミュージカル作品に出演。ストレートプレイや映像作品にも活動の幅を広げてきたミュージカル俳優・浦井健治。今年3月、俳優生活20周年記念アルバム「Piece」(ポニーキャニオン)をリリースした。4月20日には記念コンサートも予定している。

浦井健治(以下、浦井):20年でたくさんの人たちとの出会いがありました。演出家、プロデューサー、すばらしい先輩、仲間……。みなさんに励まされ、その背中の大きさを見つめて成長してきました。贅沢で幸せな20年でした。

──ミュージカル俳優としてその名を刻む浦井だが、そもそもミュージカル俳優になりたいと思っていたわけではなかった。

浦井:僕は(ユニットを組む)井上芳雄さんや山崎育三郎くんとは違って、声楽を志していたわけではありません。2000年に「仮面ライダークウガ」で俳優デビューした翌年、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」で初舞台を踏みました。その後、04年の「エリザベート」で初めてミュージカルの発声を学んだのです。実はそれが決まるまで、僕はミュージカルを見たことがありませんでした。それで「レ・ミゼラブル」を見て……。そこから死に物狂いで発声を学んできました。

 高校では軽音楽部でボーカルをしていましたが、芸能界へ進むきっかけは、当時レッスンを受けていたダンスの先生に「何をやりたいの?」って言われたことです。16、17歳の頃でした。

■育ての恩義に報いたい

──ミュージカル界では浦井をはじめ、井上芳雄や山崎育三郎、城田優など多くのスターが活躍し、今やチケットを取るのも困難だ。浦井もこの20年で「『ミュージカル俳優』が一つのジャンルとしてカテゴライズされるようになった」と言う。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい