メダカより小さいのに黒酢並みの酸性水で暮らすスゴい魚は「小人のようで妖精っぽい」?

お魚ビッくらポン

AERAオンライン限定

2021/03/31 16:00

 阪神地方の初春の風物詩、「イカナゴのくぎ煮」の季節がやってきました。甘辛いタレがからんだ絶妙の食感は、個人的には「ご飯のお供ナンバー1」の称号を冠しています。ご飯を何杯もおかわりしてしまう、悪魔のおいしさです。

あわせて読みたい

  • 瀬戸内に春を告げるイカナゴ

    瀬戸内に春を告げるイカナゴ

    tenki.jp

    3/8

    「幻の高級魚」クエがキロ1万円以上もするワケを体感! 極太釣り糸を一瞬で切ったバケモノとは
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    「幻の高級魚」クエがキロ1万円以上もするワケを体感! 極太釣り糸を一瞬で切ったバケモノとは

    AERA

    3/11

  • 瀬戸内地方では「ナゴヤ」と呼ばれる、冬を代表する魚  目が白濁してくると最高に美味しい意外な魚とは?
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    瀬戸内地方では「ナゴヤ」と呼ばれる、冬を代表する魚 目が白濁してくると最高に美味しい意外な魚とは?

    AERA

    11/17

    今が旬!「母川回帰」するサケの不思議な生態

    今が旬!「母川回帰」するサケの不思議な生態

    tenki.jp

    10/23

  • 意外に多い「釣り人に人気ない魚」「流通せずに地元のみで食べられる魚」とは?
    筆者の顔写真

    岡本浩之

    意外に多い「釣り人に人気ない魚」「流通せずに地元のみで食べられる魚」とは?

    AERA

    11/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す