日本の「夫婦同姓」先進国では“特異な規定” 改姓手続きのコストで「日本の生産性が損なわれている」

2021/03/18 08:02

 丸川珠代男女共同参画相が選択的夫婦別姓に反対する文書に名を連ね、批判を浴びる。姓を選べることで幸せになる人は増えても、反対派にとって不利益はないはず。今こそ、一進一退を繰り返す議論を前進させる好機だ。AERA 2021年3月22日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 反対派わずか14%も進まぬ日本の「選択的夫婦別姓」 「他人が幸せになる制度」に抵抗する理由は

    反対派わずか14%も進まぬ日本の「選択的夫婦別姓」 「他人が幸せになる制度」に抵抗する理由は

    AERA

    3/19

    選択的夫婦別姓のデメリット解消? 稲田朋美が新たな改姓制度を提案

    選択的夫婦別姓のデメリット解消? 稲田朋美が新たな改姓制度を提案

    週刊朝日

    11/29

  • 小島慶子「選択的夫婦別姓制度に春は訪れるのだろうか」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「選択的夫婦別姓制度に春は訪れるのだろうか」

    AERA

    3/10

    小島慶子「サイボウズ青野社長の訴えで思う“ここが変だよ日本の戸籍制度!”」
    筆者の顔写真

    小島慶子

    小島慶子「サイボウズ青野社長の訴えで思う“ここが変だよ日本の戸籍制度!”」

    AERA

    11/25

  • 旧姓使用、どうしてだめなの? 司法の理屈って…

    旧姓使用、どうしてだめなの? 司法の理屈って…

    AERA

    10/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す