教員採用試験の倍率低下 「教員の質」問うより熱量低下が疑問?

教育

2021/03/13 08:02

 近年、教員採用試験の倍率が低下している。1980年ごろ大量採用されたベテランが退職期を迎えていることも影響しているようで、地域によっては2倍を割り込むところも。となれば教員の質が問われがちだが、問題はむしろ「熱量」の質にある。AERA 2021年3月15日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 小学校教員採用倍率が過去最低「2.7倍」の衝撃 「教職の魅力を理解してもらうことが大切」

    小学校教員採用倍率が過去最低「2.7倍」の衝撃 「教職の魅力を理解してもらうことが大切」

    AERA

    3/12

    教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    dot.

    3/9

  • 都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    週刊朝日

    11/15

    教頭より「金八先生」が勝ち組のワケ 東京都の副校長試験は「倍率1倍」

    教頭より「金八先生」が勝ち組のワケ 東京都の副校長試験は「倍率1倍」

    AERA

    8/18

  • 学生のモチベーションを上げる一手とは? プログラミング教育の次なる課題は「教員養成課程」
    筆者の顔写真

    福田晴一

    学生のモチベーションを上げる一手とは? プログラミング教育の次なる課題は「教員養成課程」

    AERA

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す