【震災10年】課題は支援のコーディネート 「『助けられます!』と手を挙げられる社会に」

東日本大震災

2021/03/07 08:02

 東日本大震災は、私たちにとって、防災意識と災害支援の在り方を根本から見つめなおす大きな機会にもなった。命をつないだ被災者の助けとなるべく、支援の連携も始まった。AERA 2021年3月8日号から。

あわせて読みたい

  • 手つかずの被災家屋、足りない支援に“絶望死”続出の恐れも…コロナ禍が被災地支援の壁に

    手つかずの被災家屋、足りない支援に“絶望死”続出の恐れも…コロナ禍が被災地支援の壁に

    AERA

    8/1

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    「モノ送るならお金送って」支援物資で被災地から悲鳴? モノがあふれる西日本豪雨被災地

    AERA

    7/13

  • 感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」

    感動ポルノ、就活ネタ作り…GWに被災地へ殺到する「モンスターボランティア」

    dot.

    4/29

    被災地ルポ 真備町で避難者参加の「班長会議」はなぜ成功したのか

    被災地ルポ 真備町で避難者参加の「班長会議」はなぜ成功したのか

    AERA

    8/22

  • "善意の暴走"は逆効果? 【拡散希望】『支援呼びかけデマ』に要注意!

    BOOKSTAND

    4/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す