【震災10年】被災者が伝え続ける「逃げて」 避難スイッチ決めて避難の「素振り」を

東日本大震災

2021/03/06 08:02

 東日本大震災から10年、「誰にも同じ思いをしてほしくない」との思いから、伝承活動を続けている被災者がいる。そんな思いを実践につなげる試みもはじまった。AERA 2021年3月8日号から。

あわせて読みたい

  • この人たちの前なら泣いてもいい… 3.11で3人の子を亡くした男性の8年

    この人たちの前なら泣いてもいい… 3.11で3人の子を亡くした男性の8年

    AERA

    3/11

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    AERA

    3/16

  • 豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    dot.

    7/3

    2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    2020年、次の巨大地震はどこか 最新科学が警告する「南海トラフより切迫」のエリア

    dot.

    1/3

  • 最短コースが被害を最大にしていた 防災の最前線から学ぶ

    最短コースが被害を最大にしていた 防災の最前線から学ぶ

    AERA

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す