稲垣えみ子「たとえ懲役対象でも、できることなら宅で死にたい そんな人生観はただの我が儘?」

アフロ画報

稲垣えみ子

2021/02/08 11:30

 元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。

あわせて読みたい

  • 稲垣えみ子「大きいシステムが一人勝ちする社会は、裏では誰かがツケを払っている」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「大きいシステムが一人勝ちする社会は、裏では誰かがツケを払っている」

    AERA

    7/5

    稲垣えみ子「相棒のちゃぶ台の修繕期間中に、ちゃぶ台なしの生活をふと考えてみた」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「相棒のちゃぶ台の修繕期間中に、ちゃぶ台なしの生活をふと考えてみた」

    AERA

    10/12

  • 稲垣えみ子「自宅売却は、現代の『目に見えぬ支配』からの卒業だった」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「自宅売却は、現代の『目に見えぬ支配』からの卒業だった」

    AERA

    6/28

    稲垣えみ子「家は買う派?借りる派? 持ち家の隠れたコストを侮るなかれ」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「家は買う派?借りる派? 持ち家の隠れたコストを侮るなかれ」

    AERA

    5/24

  • 稲垣えみ子「台風19号襲来。誰かを思いやることがボランティアだと感じた」
    筆者の顔写真

    稲垣えみ子

    稲垣えみ子「台風19号襲来。誰かを思いやることがボランティアだと感じた」

    AERA

    11/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す