アメリカ人の回転寿司人気トップ5にびっくり 2位を正しく説明できる人、います? (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アメリカ人の回転寿司人気トップ5にびっくり 2位を正しく説明できる人、います?

連載「お魚ビッくらポン」

岡本浩之AERA#AERAオンライン限定
カリフォルニアロール

カリフォルニアロール

ゴールデンクランチロール

ゴールデンクランチロール

炙りサーモンマヨネーズ

炙りサーモンマヨネーズ

フロリダ州のくら寿司アベンチュラ店

フロリダ州のくら寿司アベンチュラ店

 ご存じの方も多いと思いますが、くら寿司はアメリカで現在8州とワシントンDCに計29店舗を展開しています。

 こういう話をするとよく聞かれるのが、アメリカの人たちに人気のお寿司は何?アメリカのお店も日本と同じ仕組み?アメリカでもビッくらポンはあるの?などの質問です。

 そこで今回は、アメリカのくら寿司について少し説明してみたいと思います。

【写真】アメリカのくら寿司の人気メニュー第2位「ゴールデンクランチロール」はこちら

 くら寿司が初めてアメリカにお店をオープンしたのは、2009年でした。その2年前に和食レストランの形でアメリカに進出したんですが、うまくいかず、一時撤退をしようとしたところ、現地の責任者から「日本と同じ回転寿司の形態でもう一度だけチャレンジさせて欲しい」と懇願され、回転寿司(Revolving Sushi Bar)として、カリフォルニア州アーバインにオープンしたのが、1号店です。

 その1号店が、「寿司がベルトで回ってきて面白い!」「Amazing!」「Fantastic!」と評判になり、SNSなどでも拡散されて大盛況となりました。その後、カリフォルニア州からテキサス州、ジョージア州などに店舗を拡大して、現在に至ります。19年8月には、現地の子会社がナスダック市場に上場することができました。

 そこで、先程の質問ですが、アメリカのくら寿司の人気メニューベスト5は以下の通りです。

(1)炙りサーモンマヨネーズ
(2)ゴールデンクランチロール
(3)サーモン
(4)カリフォルニアロール
(5)うなぎ

「サーモン」と「うなぎ」は別として、その他の3品については、日本ではあまり馴染みのないメニューですよね。

「ゴールデンクランチロール」と「カリフォルニアロール」は、アメリカで考案されたお寿司で、海苔が苦手なアメリカの人たちのために、通常とは逆に海苔を内側にしてシャリを表側にしていろんな具材を巻いた巻き寿司で、「ロール寿司」とよんでいます。

 ロール寿司の元祖とも言える「カリフォルニアロール」は、アボカドやカニカマ(くら寿司では本物のカニを使用しています)などを巻いたヘルシーなロール寿司で、1963年頃にカリフォルニアで日本人の職人が考案したと言われています。

 2位の「ゴールデンクランチロール」は、エビマヨときゅうりを裏巻きにして、上にスパイシーソースと甘だれをかけパン粉をトッピングしたものです。我々日本人からすると「これってお寿司なん?」と思うようなスパイシーな味と食感ですが、アメリカのお店では常に上位にランクインする人気メニューなんです。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい